博物館と学芸員の紹介
阿蘇をガイドします
阿蘇に関するテーマ展示
修学旅行生などの受入れ
催し物や講座の案内
阿蘇を愉しむ会
阿蘇を研究する学生の支援
阿蘇の写真資料とエッセイ
阿蘇の自然と文化
阿蘇に関する質問と回答
ビブリオグラフィー
阿蘇に関する本やCDの販売
阿蘇の美味しいもの
阿蘇やエコミュージアムに関するリンク集
谷博からのお知らせ
home
home 阿蘇を調査研究する学生の支援について
museum as an inn for researchers and students
this page's last update: Mar/17/2009

阿蘇たにびと博物館は、阿蘇の自然や文化を研究し、阿蘇全体を博物館として 普及教育する機関です。
Aso Tanibito Ecomusee is an institute to research and guide nature and culture of Aso, Japan.

地図  阿蘇たにびと博物館は、 阿蘇を調査研究する学生の支援を行なっています(「学生研究員」制度)。 資料の提供や調査先の紹介などの便宜を図ります。 その代わり、完成した論文の1部寄贈をお願いしています。


 学生研究員には1泊1,500円→1,200円(2割引)でシャワー室つきの和室も提供します (初回のみ友の会への入会が必要です)。希望する学生さんは当館までお申込み下さい。

 申込み時に名前と連絡先、滞在希望期間、大学名、阿蘇での研究テーマなどお知らせ下さい (研究テーマは人文系でも自然系でも阿蘇に関することならば問いません)。 また、同様に博物館実習生も受入れていますので お尋ね下さい。詳しくはこちらもご覧下さい。


研究宿申込み
阿蘇たにびと博物館
〒869-1505 熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字中松4120-2
office@tanibito.com
交通 JR熊本駅もしくは大分駅より豊肥線で立野駅下車、南阿蘇鉄道に乗り換えて中松駅下車、徒歩5分


(参考)これまでの学生研究員 ※■色は当館にも寄贈頂いた論文 

●2002年度
梅田聡子(熊本大学教育学部)「岩戸神楽の継承に関する研究―阿蘇郡南郷谷を中心に」
桑島由布子(九州大学教育学部)「エコミュージアムの理念と実践についての研究」
●2003年度
今村直樹(熊本大学院文学研究科)「十九世紀後半の地域社会とその変容―熊本県阿蘇郡の1870年代を中心に」
小山将明(東北大学理学部)「阿蘇火山中岳の火山地質」〈卒論〉
隅田恵佳(立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部)「「地域博物館」の機能と可能性についての考察―「阿蘇たにびと博物館」を事例として」
中村和代(韓国安東大学校大学院民俗学科)「Continuation and Change of Hahoe Mask Dance depending on the Tradition Groups and Performance Situations」に向けた調査
野口輝之(京都大学総合人間学部国際文化学科)「阿蘇・根子岳の猫民話をめぐる語りと記憶―民俗の経験世界から」〈卒論〉
野水宏美(奈良大学文学部文化財学科)「日本式エコミュゼの研究−エコミュゼの特性を生かした博物館機能についての一考察」
●2004年度
小山将明(東北大学大学院)「阿蘇火山中岳最新期火砕丘の噴火史」
●2005年度
松田武瑠(別府大学文学部史学科)「戦後阿蘇の民衆文化−鯰からみた阿蘇」
●2008年度
千葉菜穂子(神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科)「日本におけるエコミュージアムの現状とその可能性 −新しい博物館の実現を目指して」
●2009年度
元井雄大(同志社大学大学院)「まちづくりおよび地域振興政策とエコミュージアム」