博物館と学芸員の紹介
阿蘇をガイドします
阿蘇に関するテーマ展示
修学旅行生などの受入れ
催し物や講座の案内
阿蘇を愉しむ会
阿蘇を研究する学生の支援
阿蘇の写真資料とエッセイ
阿蘇の自然と文化
阿蘇に関する質問と回答
ビブリオグラフィー
阿蘇に関する本やCDの販売
阿蘇の美味しいもの
阿蘇やエコミュージアムに関するリンク集
谷博からのお知らせ
home
Top 阿蘇をさるく会
"Salk"; Exploring Aso Tour
This page's last update: Dec/26/2010

“あそをさるくはくぶつかん” 阿蘇たにびと博物館は、阿蘇とアジアの知るを楽しむミュゼです。
   Aso Tanibito Ecomusee is an ecomuseum in Japan to appreciate Aso and Asia since 1997.

阿蘇をさるく会

阿蘇たにびと博物館では、毎月第4日曜日、友の会員の皆さんに感謝を込めて月例散策会「阿蘇をさるく会」を開いて います(一般のかたも参加できます)。会員相互の交流も楽しみな会ですので、ぜひご参加下さい(“さるく”は阿蘇の言葉で ぶらぶら歩き回るという意味です)。

2010年度の活動予定
 「阿蘇をさるく会」も今年で9年目、ついに100回目を迎えます。なかなか頑張ったなあと 思いますが、これも皆さまの支援のおかげ、本当にありがとうございます。2010年度は「阿蘇の 民話」をテーマにあちこちご紹介ながら楽しもうかと思っておりますので、どうぞご参加 ください (内容は決まり次第博物館の掲示板で参加者を募集し、こちらにも掲載します)
月日
内容
企画展No
97回
4月25日(日)
「冬のツル」をテーマに高森町津留地区をさるきます。
16
98回
5月23日(日)
夜峰のお膝元、下田地区をさるきます。(雨天中止)
21
99回
6月27日(日)
数鹿流滝など迫力ある南阿蘇村黒川地区をさるきます。
100回
7月25日(日)
元京都大学火山研・須藤先生と中岳噴火口をさるきます
14
101回
8月22日(日)
「陰陽の釘」をテーマに下田地区をさるきます。
21
102回
9月26日(日)
根子岳の麓、高森町前原地区をさるきます。
103回
10月24日(日)
「まつぼり風」をテーマに工事の進む立野地区をさるきます。
27
104回
11月28日(日)
「南阿蘇家」をテーマに祇園〜御寺地区をさるきます。
105回
12月26日(日)
河陽F遺跡が見つかった乙ヶ瀬・沢津野地区をさるきます。
106回
1月30日(日)
旧久木野村の柿野地区をさるきます。
107回
2月27日(日)
高森町の新酒祭りと含蔵寺周辺をさるきます。
108回
3月21日(祝)
「都の空を打出て」をテーマに吉田新町をさるきます。
15
1月と3月の日程が「第4日曜日」からずれますのでご注意下さい。
なお、第108回(ファイナル)で「阿蘇をさるく会」の開催を休止いたします。

参加のご案内
会費 1,000えん(ガイド代、資料代、消費税込)
集合場所 「あそ望の郷くぎの」
(熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石2805)
毎月第4日曜日の10時出発
谷人友の会の会員さんは半額+家族参加も半額、 小学生以下無料です。
●ご家族で一般参加の小学生以下の子どもさんも無料
阿蘇まるごと検定合格者は2割引







これまでプレゼントしてきました左の目つきの悪い(笑)ウサギのおたのしみ「おやつ券」は、 博物館おすすめ久永屋さんでお楽しみおやつと交換できます。
※優待券をお持ちのかたは参加費を2割引(1,000→800円)します。

案内人紹介
梶原館長 梶原 宏之(阿蘇たにびと博物館長・梶原博物事務所代表) hiroyuki KAJIHARA 
 昭和43年生まれ。筑波大学大学院環境科学研究科修了。学芸員。 久光製薬中冨記念くすり博物館、熊本県文化企画課県立博物館プロジェクト班などを経て現職。 専門は民俗学/人類学、博物館学。九州と東アジアの自然や文化の調査研究およびその普及教育業務を各地で展開。 南阿蘇村文化財保護委員、南阿蘇村消防団員、白水祇園岩戸神楽保存会員。 北九州市立大学、西南学院大学、熊本学園大学非常勤講師。
岡先生 岡 俊樹(阿蘇たにびと博物館学術顧問) toshiki OKA
 昭和16年、栃木県宇都宮市生まれ。東京学芸大学大学院理科教育学科修了。平成11年まで、東京学芸大学 教育学部生物学教室勤務。専門は生物学、動物発生学。爬虫類(特にニホンカナヘビ)を材料に、性の分化と生殖腺の形成を 研究。平成11年9月より南阿蘇村在住。日本爬虫両棲類学会、熊本野生生物研究会会員。阿蘇自然案内人協会理事。 平成21年4月より当館学術顧問。

●参加上の注意
天候などにより内容が変更される場合があります。散策しやすい格好、靴で参加下さい。 帽子や雨具、防寒着も忘れずに。観察図鑑やノート、双眼鏡、お弁当などは各自の判断でどうぞ。
※当日天気が怪しい場合は、朝8時に判断して申込者に連絡します。
※お昼12:30までに現地で解散します。
●主催
阿蘇たにびと博物館
●後援
南阿蘇村教育委員会、高森町教育委員会、熊本日日新聞、エフエム熊本(申請中含む)
●お申込み・お問合せ
当日直接集合場所にみえられて構いませんが、事前にお申込み頂いたかたには雨天等中止時に連絡差し上げます。
阿蘇たにびと博物館(熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松4120-2)
ホームページ http://www.tanibito.com  電子メール office@tanibito.com
電話(ファックス共通)0967-64-8200
●友の会入会のご案内
 谷人友の会は、阿蘇たにびと博物館の活動を支援し、阿蘇の自然や文化を愉しむ会です。 会員となりますと毎年阿蘇の博物誌『谷人』(会誌)が送られてくるほか、毎月阿蘇からの情報(谷人メール)が届いたり、 月例散策会「阿蘇をさるく会」の参加が割引になるなどの特典があります。年会費は会誌代として1,000円です (イベントの際はご家族のかたも会員扱いで結構です)。皆さんのご参加をお待ちしています。
http://www.tanibito.com/association.html

*阿蘇火山博物館、ASO田園空間博物館、阿蘇たにびと博物館の3館合同で行なったさるく会の共催実験は、 2005〜2006年度の2ヶ年度をもちましてぶじ終了いたしました。ご協力ありがとうございました。